HOME>主なる経過(2021/02/24)







 
 
退職互助会が第92回評議員会を開催  
 退職互助会が国民医療費の分析をもとに、評議員会を開催し、新年度の付託金、医療費充当金、さらには5年毎に見直してきた掛金を決定しました。
 菅連立政権は、75歳以上の後期高齢者の医療費自己負担を原則一割から二割に引き上げようとしています。
 年明けから各支部で取り組まれる退職予定組合員説明会などを通じて退職会員への移行を推進します。
どうつくる「女性が活躍できる福島」  
 こんの長人組織内県議が12月10日、一般質問に立ち、女性が活躍できる社会をどのようにつくるのか内堀知事に質しました。
 関連して「男性が育児休業を取得しやすい職場」をどうつくるのか質したのに対し、県は、子どもが生まれる男性職員には「育児休業取得計画」の提出を促し、職場全体で業務を分担する取り組みを始めていると答弁しました。
 
 バックナンバーはサイドバーのタブを押してご覧ください
 4 (調整中)
  
HOME>主なる経過
 
自治労福島県職員連合労働組合
〒960-8681 福島県福島市杉妻町2番16号 県職員会館内
TEL024-523-1306 / FAX024-523-1309
メールf-kenshokuro@fukushima-pref.com